SEXと心身の健康

性生活と健康のイメージ

充実した性生活で健康になります。セックスは適度な運動になり、中枢神経を刺激し、心身をリラックスさせストレスを解消する効果があるります。 質の高いオーガズムは、気分を良くし精神に安定をもたらし、うつ状態の改善にも有効です。 良質なセックスをしてると、心身が活性化し活動力が高まります。セックスには心と身体の調子を整える効果があるのです。

男性は、射精を週2回以上している人と、月1回以下の人では、月1回以下の男性のほうが前立腺ガンにかかる割合が多いというデータもあります。

オーガズムに達するとDHEAとオキシトシンいうホルモンが分泌されるので、ガンと心臓病のリスクが軽減するそうです。不感症の(女性)は、心臓発作のリスクが高まるという調査もあります。

偏頭痛で悩む女性は少なくないですが、セックスでオーガズムに達することで、偏頭痛は軽くなることがあります。

日常的にオーガズムを経験している女性は、子宮内膜症にもなりにくいそうです。

食べ過ぎる女性の多くは、性的に欲求不満のことが多いようです。ちゃんと定期的にセックスすることは、美容にも健康にもいいのです。

オーガズムには入眠作用もあります。オーガズムによって、鎮静作用のあるオキシトシンとエンドルフィンが増えるからです。満たされたセックスの後は、眠くなるという女性が多いことをみても確かです。眠るためにマスターベーションをする女性はかなりいるようです。

妊婦のセックス

妊娠中、特に妊娠初期と妊娠後期にセックスをしない夫婦(カップル)は、結構いると思います。何となくセックスは妊娠に悪いという思い込みがあるようですが、妊娠後期に全くセックスをしなかった妊婦より、妊娠後期にも定期的にセックスをしたり前戯やマスターベーションでオーガズムに達していた妊婦のほうが、早産が少ないという調査もあります。

妊娠後期でも、特にカップル共に性欲を感じている場合には、むしろ性行為をした方が、早産予防のためにもいいようです。

出産後のセックス

母乳の出をよくするホルモン、プロラクチンは排卵を抑制し、授乳を続けている間は次の子供ができない仕組みとなっています。このホルモンが分泌されている間、性欲がなくなるのが一般的です。