妊娠できる体調にする整体

規則正しく健康的な生活が、健康な体をつくり、健康な体は妊娠できます

このサイトは、不妊症と女性のからだの悩みを解消することがテーマです。
また、からだと心のセルフ・ケアの知識とノウハウも提供してます。
一人でも多くの女性が健康で幸せになるために…

妊娠中の女性

 

◎日本で不妊に悩むカップルは、一般的には10組に1組といわれています(日本ではまだ大規模な不妊の調査研究結果がありません)。

◎不妊症で男性側だけに原因があるケースは24%、女性側だけが41%、男女共に原因があるケースは24%、原因不明11%と報告されています。

※日本での不妊の定義は「健康な夫婦(カップル)が避妊をしないで2年間以上性行為をしているのに妊娠しないこと」です。

このような方に不妊症克復整体をお勧めします

●結婚して2年以上経つが、妊娠できない。
●体外受精、顕微授精をしたが妊娠しない。
●卵子のグレードが低いと言われた。
●採卵できる卵の数が少ない。
●二人目が妊娠できない。
●妊娠しても流産してしまう。
●検査で異常なし(原因不明)と言われた。
●婦人科疾患があるためか妊娠しない。

 

不妊症とは

妊婦イラスト

不妊症の医学的定義は、「定期的に性生活があり避妊をしていないのに、2年以上妊娠しない場合」です。

一般的には、健康な夫婦(カップル)が避妊をせずセックスした場合、妊娠する確率は1周期(月経から次の月経までの日数)あたり15%程度です。つまり、1年間に12周期のチャンス(当然、排卵期に性行為をしてる必要があります)があれば、85%のカップルは1年以内に妊娠することになります。実際、避妊せず排卵期にちゃんとセックスしてるのに1年間妊娠しなければ妊娠しにくい体質、不妊症の可能性があると考えてもいいと思います。さらに、結婚・出産年齢が上がっている日本では、さらに妊娠しにくい体質の女性が増えているはずです。

男性側だけに問題がある不妊症は24%、女性側だけが41%、男女両方ともが24%、原因不明11%です。日本人男性は、30年前と比べると精子が10%減少しており、1990年以降は、精子の減少傾向が加速しているそうです。

結婚して数年経つのに妊娠しない女性が、最初にご自分ですべきことは、排卵があるか確かめることです。基礎体温て聞いたことはあると思います。基礎体温を測れば、排卵してるかある程度は確認できます。

なぜ、基礎体温で排卵の有無がわかるか?

排卵後に卵巣から黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。(プロゲステロンは、排卵後にしか分泌されない)プロゲステロンは脳の視床下部に働きかけて体温を上昇させます。といっても、1℃以下の変化です。0.05℃まで計ることのできる婦人体温計が必要になります。

基礎体温の測り方

基礎体温は、安静にした状態で測りましょう。朝、目覚めたときに計るのがよいです。まだ内臓が休んでいる状態で測るためです。毎日同じ時間に測りましょう。

基礎体温は、口の中で測ります。婦人体温計を舌の下にはさみこんで、安静にした状態で測定します。

基礎体温測定でわかること

継続的に基礎体温を測って記録しておくと、排卵してるかどうか、排卵の時期はいつかがわかります。それ以外にも、次の生理時期の予測、妊娠したかどうか、流産の兆候、体調や気分の良い時期と悪い時期、更年期のはじまり時期などを知ることができます。

不妊の克服には受胎しやすい母体づくりが大切

不妊症の女性に多くみられるのは、骨盤の歪みと骨盤の動き(開閉の動き)が悪いことです。不妊でお悩みの方のもうひとつの共通点は、下半身の冷え性があります。

医学的には(生殖器に)異常がないのに妊娠しない場合で、上記に当てはまる方は、当院の整体で妊娠の確率が上がるはずです。実際に、当院に通院して体調不良と骨盤などの歪みが解消したら、妊娠したという女性は多数いらっしゃいます。当院の整体で体質改善し、妊娠しやすい体に変えることができます。

規則正しく健康的な生活が、健康な体をつくり、健康な体なら妊娠できます!

このページは、不妊症と女性のからだの悩みを解消することがテーマです。
また、からだと心のセルフ・ケアの知識とノウハウも提供してます。
一人でも多くの女性が健康で幸せになるために…

妊婦イラスト

◎日本で不妊に悩むカップルは、一般的には10組に1組といわれています(日本ではまだ大規模な不妊の調査研究結果がありません)。

◎不妊症で男性側だけに原因があるケースは24%、女性側だけが41%、男女共に原因があるケースは24%、原因不明11%と報告されています。

※日本での不妊の定義は「健康な夫婦(カップル)が避妊をしないで2年間以上性行為をしているのに妊娠しないこと」です。

不妊症克復と女性の体の悩みを解消に導く整体

このような方に不妊症克復整体をお勧めします

  ●結婚して2年以上経つが、妊娠できない。
  ●体外受精、顕微授精をしたが妊娠しない。
  ●卵子のグレードが低いと言われた。
  ●採卵できる卵の数が少ない。
  ●二人目が妊娠できない。
  ●妊娠しても流産してしまう。
  ●検査で異常なし(原因不明)と言われた。
  ●婦人科疾患があるためか妊娠しない。

ヒロ自然整体の不妊症克復整体では、
妊娠力を高める事を目的とした身体の調整を行い、妊娠に適した体調づくりをサポートいたします。

※不妊の検査は女性だけでなく、男性も必ず受ける必要があります。男性が検査を先送りにすると、その間に女性の年齢が高くなり、妊娠しにくくなってしまうことと、男性側に問題がある不妊症もあるからです。

不妊検査は夫婦がそれぞれ受けることが必要不可欠であり、不妊治療は夫婦(カップル)で協力しながら行うことが、妊娠への近道です。

不妊症克復のための6つのテーマ

妊娠できる体になるための不妊症克復整体のテーマは下記の6つです。

(1)呼吸法

(2)神経への施術(主に胸椎10番と11番への刺激)

(3)骨盤矯正

(4)横隔膜の調整

(5)腸腰筋の調整

(6)下肢の神経調整

骨盤と周辺筋肉

整体で不妊症を解消する

妊婦さん

29歳の妊婦さんです。肩首のコリや腰、背中の張りの解消のため通院されてた女性です。

整体で体調が良くなり、通院してから9ヶ月ほどで妊娠しましたが、流産。その3ヶ月後に再度妊娠され、現在は、待望の赤ちゃんが生まれ、育児に忙しくも楽しい毎日を送っています。

二人目が欲しいこともあり、定期的に当院に通院し、健康維持をされてます。

※写真は臨月のときのものです。

 

30代前半の女性

ひどい肩こり、腰痛などの不調があって来院されましたが、一番の目的は子供が欲しいということでした。

通院して2ヶ月が経ち、不調がかなり解消したときに妊娠されたと報告がありました!婦人科で妊娠に問題がないか検査中でしたが、結果が出る前に妊娠されたのです!

整体で体調が良くなったことが、功を奏したと思います。