偏頭痛

頭痛で来院される方も当院にはいらっしゃいます。女性、それも比較的若い女性が多いという印象です。

偏頭痛の原因は、主に、環境の変化、精神的ストレス、睡眠障害、強い光や音、飲酒、チョコレートやチーズなどの食品摂取が誘引になり、脳の後頭葉の動脈が急に収縮することで起こるといわれています。

前兆としては、視野の左側か右側に、水面のゆらぎのような白っぽいチラツキ現れて、だんだん大きくなるというものです。

20分ほどで血管は元に戻るので、ちらつきは消えますが、反対側のこめこみのあたりが、ズキンズキンと拍動に応じるように強く痛み出し、ひどいときにはそれが頭全体にまで広がります。吐き気が伴うこともあります。

全ての頭痛の2~3割がこの偏頭痛だと言われています。臨床統計的にも、確かに女性の発生率が高く、男性の4倍程度と言われており、30代が最も多いそうです。