ヘアカラーの危険性

「ヘアカラー」は、かなり身体にインパクトが大きく恐ろしい薬剤なのを知ってましたか?

大部分のヘアカラーの取扱い説明書には、生理中、妊娠中、または妊娠の可能性がある人、出産後、病気中、病気の 回復期、腎臓病、血液疾患(既往症も含む)の人は、使用禁止、となっているほどです。

もちろん、自然の成分をメインにした「ヘナ」などのヘアカラーは、体への負担が少なく、危険性はないと思いますが、大部分のヘアカラーは、化学的に合成された薬剤を原料にしてるので、皮膚から体の内部へと、化学物質が浸透していくのです。

健康を考えるなら、自然成分をメインにしたヘアカラーにしたいものです。