歯列矯正と整体について

以前来院された女性からキャンセルのメールが届いたことがあります。

「やはり歯列矯正することにしたから、施術はキャンセルします」

という内容でした。

彼女は甲状腺ホルモンバランスに異常があり、膠原病の抗体があって(発病しているわけではない)
肩こりやコメカミが重く感じられ、喉の異物感があり(つばを飲み込むときだけ)、歯軋りがすごい、という症状の人でした。

昨年末に結婚し引越ししたときくらいから、歯軋りは酷くなったと、一緒に来た旦那さんは言っていました。歯科助手の仕事をしていたが、ストレスが強く、今は止めて別の仕事をしているそうです。

筋肉反射チェックでは、歯軋りは結婚など環境変化によるストレスと出ました。

喉の異物感などの主な原因は、甲状腺の異常と出ました。

歯列矯正では、症状は治らないとも出ました(関係ないと)。

こんなに不調があるので、当然ですが、彼女の体幹は傾き、骨盤と背骨は多少は歪んでいました。

歯列矯正(特に美容目的の)で、かえって体調を悪くしたり、体全体が歪む場合があると聞いたことがあるので、筋反射チェックで、施術と矯正の併用は可かどうか聞きましたが、不可と出ました。施術効果は落ちるとも。

歯列矯正はしかも、奥歯を最低でも4本抜く必要があるそうです。親知らずを抜くとすれば、合計で8本です!それだけ一気に人工的に抜歯して、体に悪影響が出ないわけがないと思いました。少なくとも、体のバランスや気力に影響するはずです。

ということで、整体師の私としては、やんわりとですが、歯列矯正には反対申し上げました。矯正するなら施術は引き受けないとも。旦那さんも特に矯正を勧めているわけではないのです。矯正は保険が利かないので80万円ほどもかかるそうです。歯列矯正して確実に手に入るのは、気にしてる出っ歯が無くなるということだけ。歯列自体はきれいなのです。

必ずしも、美容目的だけではないのは確かで、歯軋りを止める効果なども期待してのことだというのは理解しましたが、(歯科助手をしてたことも影響しているのは確かですが)、80万円もかけて、痛い思いと長期間の矯正器具装着の結果、確実なのが歯並びがきれいになることだけ(一般的にも歯列矯正の第一目的自体がそれだから、当然ですが)なのに、しかも、彼女は結婚していて愛するパートナーがいるにも関わらず…。そんな負担をしても歯並びを治したいというのは、「美しさ」にそれほどまでもあこがれる女性心理を、改めて認識しました。

ちなみに、その女性は、とても可愛いかったです。(私は多少の出っ歯は愛くるしさを増すくらいで好ましく感じたくらいです)