投稿記事一覧

歯磨きとセルフケア

20代〜30代の頃までは、歯を磨くと血が出ることがありました。今思えば、歯茎が常に腫れた状態だったと思います。歯医者ではっきりと歯槽膿漏だと言われた記憶はないのですが、その一歩手前くらいの状態だったことはあるようです。 新聞の健康欄に書かれていた歯茎を健康にする方法を試してみました。指(主に人差し指)に塩を付けて、歯茎をマッサージするという方法です。 最初は血がにじみました。ひと月くらい経った頃で […]

風邪で健康回復!?

一番ありふれた病気「風邪」についての東洋医学的観方に ついて書きます。 風邪をひくと大抵の人は市販の風邪薬を飲むか、近所の医院に行 って薬をもらってくることが多いと思います。 しかし、東洋医学や整体の考えでは、風邪をひいたということは 体内に弱っている部分や不調の箇所があり毒素などを排出したり 身体を休めるために必要だからという観方をします。 発汗、発熱、鼻水、咳、筋肉や関節痛、下痢、嘔吐などは、 […]

好転反応とは?

身体の緊張を解き、リラックスさせ、血行やリンパ液の流れを良くすることで、身体の抵抗力を高めることができます。整体の基本施術の目的も、そこにあります。身体に不調な部分があると、それが筋肉をほぐしたり神経を刺激するなどすると細胞が活性化され自然治癒力が高まります。 施術によって壊れたり新陳代謝が滞っていた患部の細胞が活性化され回復に向かい始めます。身体が回復し健康になっていく過程でさまざまな反応が出る […]

ダイエットの基本…1

新年になったと思ったら、もう二月に入りましたが、寝正月に食いすぎたものが、体に定着したままになっています(苦笑)ダイエット(減量)しなくてはと思いつつ、普段通り食べているので、体重はなかなか減りません。そこで、ダイエットの基本中の基本を紹介して、自分にも当てはめつつ、減量に取り組みたいと思います。 それは… ●基礎代謝に必要なカロリー量は食べる!です。 基礎代謝とは何か?生物が生きているだけで(息 […]

女性の飲酒

肝臓のアルコール処理能力は決まっています。 一生の間に、男性は500kg、女性は250kgだそうです。アルコールの量0.1kgは、ワインで1本、日本酒で4合びん1本、ビールなら中びん4本に相当します。 これを毎日飲むと、男性なら14年、女性なら7年で限界が来きます。女性でもお酒が強い人はいますが、肝臓のアルコール処理能力は、どんなにお酒が強くても、男性よりはかなり早く限界がきます。 肝臓障害やアル […]

運動(体操)の効用

基本的に、いまのカタチの文明の発達の方向性は、体を使わずに (楽をして)何かを達成しようということだと思います。 しかし、前回書いたように、体を動かさない先に待っていること は「死」です。動物が体を動かさなくなったということは(植物 でも同様なので、生物ということです)死を意味します。 人は長生きしたいと考える、おそらく唯一の生物です。生物は生 存本能があるといわれていますが、今、現在、を生きてい […]

チョコレートが止められない訳

多くの女性はスイーツ(甘い物)が好きです。僕は男ですが、スイーツは結構好きで、味にも多少はうるさい方だと思います。チョコレートはその中でも好物のひとつです。 チョコレートは中毒性があります。砂糖の甘みも快感ですが、チョコレート(カカオ豆)に薬としての効能があるようです。実際チョコレートは、中南米に栄えた、マヤ、アステカなどの国で、薬として飲用していたようです。効能としては、抵抗力アップ、疲労回復、 […]

合成洗剤を使うリスク

合成洗剤は主として石油から作られます。合成洗剤に含まれている合成界面活性剤の残留分は、女性ホルモンを撹乱するノニルフェノールと言う化学物質(環境ホルモン)に変化します。ノニルヘノールは、衣類から皮膚表面へ付着し体内へ浸透していきます。 十分に衣類をすすいでも、合成洗剤は衣類に残留します。洗濯する回数が増えるほど、合成洗剤の成分が残留し累積していきます。 合成界面活性剤で精子は死にます。だから避妊薬 […]

マンモグラフィは有効か?

乳がん検査のマンモグラフィー(乳腺の特殊なX線撮影)が有効かどうかの調査結果があります。 カナダの研究で約9万人の40歳から59歳までの女性を、くじ引きで毎年マンモグラフィーを受けるグループと受けないグループに分けたところ、25年間の経過観察において死亡率に差がなかったそうです。 閉経前の女性の乳房は細胞が密集しているため、マンモグラフィーでは腫瘍を正確に発見することが難しいそうです。 マンモグラ […]

出産は喜びの体験!

当院に通院された方の妊娠は珍しくありません。出産はとかく大変だ!凄く痛い!という印象がありますが、出産は気持ち良かった、もっと生みたいという経験者の声をご紹介します。 「子宮の収縮に合わせていきむと赤ちゃんがスムーズに降りてくるのが感じられた。タイミングが合わないとお互い苦しくなり、呼吸法より看護士さんのかけ声より赤ちゃんに同化するとすっごくうまくくのがわかった。出産の瞬間は今まで感じたことのない […]