坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が、圧迫・刺激されることで発生する痛みや痺れなどの症状のことです。
最初は腰痛だけだった症状が悪化した結果発症することが多いです。初期には、激しく神経痛のような感じで痛むことがありますが、たいていは、それほど激しく痛むことはないようです。

しかし、この状態を放置しておくと、しだいに症状が重くなっていき、お尻や太腿の裏側や脛、足先にまで、痛みや痺れしびれが発生し、さらに進行すると、足(脚部)の麻痺や痛みで歩行に支障が出ることもあります。

次のような症状がある場合は坐骨神経痛の可能性が強いです。

●太ももの痛み

●腰、お尻、下肢(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)の痛みや痺れ

●足の付け根、尾骨(尾てい骨)周辺、お尻の中という感じの部分部分の痛みや痺れ

●元々腰痛があり、同じ部分に痺れや違和感がある

●腰痛があり、なおかつ腰痛の部分と離れた部分に痺れや違和感がある

●足を動かしたり、前屈や後屈、上体を捻る(回旋)と、腰、臀部、脚部の裏側(太腿の裏側とふくらはぎ)の痛みや痺れが強くなり、体を動かしたり歩くことが辛いほどになるケースもある。

●足に力が入らない感じ。

●痛みやしびれ、麻痺、違和感のために、座ったりしゃがむのが辛く、排尿・排便に支障が出ている。

●腰やお尻、下肢を触ったとき、正常なときと感覚が違う。

●お尻の筋肉が冷たく固まっている感じがする。

●痛みのために歩き方が普通でなくなっている。

このような症状がある場合は、整形外科を受診することをお勧めします。特に症状が強く出ていて歩行が困難な場合や両足に出てる場合は、整形外科に行き、レントゲンなどでどんな状態か検査することが必要だと思います。

整形外科の治療で改善しない場合は、当院のような整体の施術で改善するケースはよくありますので、一度ご来院してみてください。