「鼻で呼吸しましょう!」

朝晩冷え込むようになって来ました。これからの季節は、風邪やインフルエンザの流行が心配です。そこで、ごく簡単にできる基本的な予防法について書いてみます。これは冬だけでなく、健康管理の基本になります
から、ぜひ実行していただきたいと思います。

●風邪気味かなと感じたら、できるだけ人ごみの中を避けることと、帰宅したら石鹸で手を洗うことです。うがいもした方がいいでしょう。風邪は手を通じて感染することが多いそうです。

●口を開けたまま呼吸している人がときどきいますが、止めた方がいいです。鼻呼吸をお勧めします。口呼吸だと外気が直接そのまま気管や肺にまで入って来ますが、鼻呼吸だと鼻毛や鼻の粘膜でホコリやウイルスなどがある程度はろ過され、外気温も暖められ体温に近くなってから気道に達するので、体内を冷やしません。
冷えは血流など循環機能を低下させるだけでなく、抵抗力も弱めると言われています。

●疲れたら素直に休みましょう。すぐに薬に頼って症状だけ抑えても、体の別の部分にもっと重症の症状となって後から影響することがあると言われています。それより疲労回復して体力をつけることで、自然治癒力を活発にしましょう。症状は体がウイルスなどの外敵と戦っていることの現れです。症状を抑えることと、治ることは別物だと考えましょう。十分な睡眠は風邪だけでなく万病予防に有効です。

●インスタント食品やファーストフードは避け、野菜が豊富な食事を心がけましょう。栄養のバランスが取れた食事は病気を予防します。

●適度な運動をしましょう。一駅前で降りて歩く。エレベーターを使わずに3階くらいなら歩いて登る習慣をつけましょう。3〜5キロ以内ならクルマを使わず自転車で行くなどを実行するだけでも続ければ効果が現れてきますよ。

とどれも実にあたりまえのことですが、医者や薬に頼るよりこれらを実践する方が経済的で効果的かつ体に優しいですよ。

医療費負担が増えています。40兆円を越えています。政府も医療費の抑制政策を始めてるようです。

これを機会に、健康は医者まかせ、薬まかせの習慣を変えてみませんか?